ミネラルファンデーション リキッドファンデーション

ミネラルファンデーションとリキッドファンデーションの使い勝手の違いについて

リキッドファンデーションとミネラルファンデーションの使い方は大きく違います。

 

リキッドファンデーションは、乳液状のファンデーションで、伸びがよく、毛穴のカバー力に優れ化粧崩れがしにくいファンデーションです。

 

使い方は、容器を振ってから手の平や指に適量を取り、顔の中央から外側へリキッドファンデーションを伸ばしていきます。
伸ばし方は指やスポンジでもいいのですが、肌をなぞるように伸ばしていくのではなく、肌や毛穴に叩き込むようにトントントンと肌に馴染ませていきます。

 

顔には目元・口元のように筋肉がよく動く部分と、動かない部分がありますが、リキッドファンデーションは使う部分によって量を変えなければシワが目立つなどの失敗をしてしまうというのがあるので気を付けなければいけません。

 

仕上げにはフェイスパウダーをリキッドファンデーションと同じように叩いて仕上げます。

 

一方、ミネラルファンデーションは、塗り方を覚えてしまえばとても簡単に、そして短時間でメイクが完了します。

 

洗顔後、化粧水などで肌を整え、乾いた肌にファンデーションを塗っていきます。
ミネラルファンデーションは【乾いた肌に塗ること】が上手に塗るコツです。
ファンデーションを容器の蓋に耳かき2杯分を取り、化粧ブラシでクルクルと絡め取った後、余分なパウダーをブラシの柄を蓋の淵に軽くとんとんと叩いて落します。これが塗り過ぎない、ムラにならないコツになります。

 

顔に塗るときはミネラルファンデーションを含んだブラシを肌に軽く押し付けるようにしてクルクルと円を描くようにして塗っていきます。

 

カバー力はリキッドファンデーションと同じようにありますが、しみ、そばかすなどの気になる部分はミネラルファンデーションをコンシーラーとしてチョンチョンと塗るだけ。

 

あとはお好きなようにチークやルージュでメイクを仕上げるだけ。ちなみにファンデーション以外にミネラル化粧品があるのでそれも合わせるといいかと思います。

 

ミネラルファンデーション1個でコンシーラー・ファンデーション・日焼け止め・美容効果があるため、メイク前に顔に色々と塗らなくていいし、顔の部分で塗り方を変える必要がないので短時間、しかも簡単にメイクを済ませることができるということがミネラルファンデーションの使いやすい所ではないでしょうか。