しわ

しわの原因と対策

老化の代表的な症状ともいえる顔のしわですが、あなたは仕方がないと諦めてはいませんか。

何も対処しない場合と、そうでない場合では時間が経ったときにしわの程度も異なります。
しわのできる原因を理解し、できるだけ増やさない、目立たせない、という心がけが大切です。

 

しわができる一番の原因は乾燥です。角質層の水分が不足すると肌が乾燥し、たるみやしわを作ります。
その乾燥の原因を作るのが紫外線です。紫外線を浴び続けていると、肌にとって大切なコラーゲンやエラスチンという成分を傷つけ、肌の弾力が失われてしまいます。よって、皮膚の表面がよれて、しわとなるのです。

 

こうしたしわをなるべく作らないように気を付けるには、紫外線対策と乾燥対策が最も有効です。
紫外線は曇りの日でも一年中降り注いでいます。特に紫外線の強いとされている春先〜夏にかけてはPA+++などの日焼け止めクリームを選ぶなどの工夫をしましょう。
ビタミンCも紫外線対策には有効です。うっかり日焼けをしてしまった場合など、ビタミンC誘導体の含まれた化粧水を使ったり、果物をたっぷり取るなどの心がけが大切です。
乾燥を防ぐには、日焼けをしないことももちろんですが、秋から冬にかけてのケアを念入りに行いましょう。
保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸が配合された化粧水を使ったり、部屋の湿度が下がらないように気を配りましょう。
いずれにしても、原因がわかれば対策ができます。大切なのは放置しないこと。長年かけてできたしわは一朝一夕では治りません。丁寧に毎日ケアすることが将来に繋がります。速効の効果ばかりを期待せず、日々のケアを大切にしましょう。

 

また、しわの原因には表情じわと呼ばれるものもあります。年齢とともに増えてくるもので、特に眉間のしわや額のしわが気になる人も多いでしょう。
こうしたしわを予防するには表情の癖をなくすことが一番ですが、なかなか難しいですね。しわ取りやハリを取り戻す効果の高い美容液などでパックしたり、こまめに美容クリームを塗ることも対策のひとつです。
しわが深くてどうしても気になる場合は、美容皮膚科などで行っているボトックス注射や、ヒアルロン酸の注入などが効果的です。

 

しわができたからといって、いきなり高価な化粧品を揃えても誰もが同じ効果を得られるとは限りません。
基本的な知識をもって、自分に合ったケアを見つけましょう。