ミネラルファンデーション 化粧 目

ミネラルファンデーションは化粧をしても目が痛くなることはないでしょうか?

ミネラルファンデーションはとても細かい粒子でできています。100%天然のミネラルをナノという大変小さい単位の大きさにしたもので、その微粒子が毛穴や肌のくすみなどをカバーして肌を滑らかに見せることができます。

 

しかし、この微粒子が目に入ると痛いのではないかと心配する人もいるでしょう。
特にコンタクトレンズの人はミネラルファンデーションと相性が悪いのではないかと感じるかもしれません。
確かに、コンタクトをしている目にミネラルファンデーションの粒子が入ってしまうととても痛く、そうしたトラブルに悩む口コミも見かけます。
せっかく肌によいミネラルファンデーションを選んだのに、粉が飛び散ったり目に入ったりして上手に使えない…そうした悩みを解消する方法を紹介します。

 

●ミネラルファンデーションをリキッド化
ミネラルファンデーションは100%ミネラルの粉なので、油分などが含まれていません。そのため、水分や油分をプラスするだけで簡単に混ざり、リキッド化することができます。
使用する分の粉を手のひらに取り、化粧水やオイルなどを数滴垂らして指先で混ぜるだけで完成です。
肌に塗るときは、普通のリキッドファンデーションを塗るように肌へ塗り広げればOKです。
コンタクトを使用している人は、こうした方法で粒子が目に入るトラブルを防いでいることが多いです。
混ぜる化粧水はお手持ちの商品でよく、オイルは天然のフルーツオイルなどを使用すれば肌への負担も軽くて済みますね。

 

●ブラシではなくパフを使う
粒子が飛び散る原因に、ブラシが上手に使えていないという可能性があります。粉を多く含ませすぎたり、肌を保湿しすぎてムラになったりと、原因は色々あります。
そうした場合、パフを使うとよいでしょう。少量の粉をフタなどに取り、パフで押しつけるようにしてプレスします。そうして顔に粉を乗せて、後から余分な粉をブラシで落とすようにします。それなら飛び散る粉の量も少ないですし、ブラシでつけたときよりもしっかりと付くので、乾燥肌の人などにもオススメですね。

 

このように、自分で上手に工夫して使えば、ミネラルファンデーションを有効に活用できます。
また、目にトラブルを感じる人はブラシを常に清潔にしておくことも大切ですね。