ミネラルファンデーション 肌

ミネラルファンデーションとパウダーファンデーションは肌の弱い人にはどちらがおすすめ?

肌への優しさを謳った商品が多いミネラルファンデーションですが、そもそも一般的なパウダーファンデーションとは何が違うのでしょうか。

 

肌質によって、どちらを選んだらいいか迷っている人のためにも、二つの性質の違いと合う肌質について解説します。

 

ミネラルファンデーションは、肌色の主成分である鉱物(ミネラル)のみで生成されているファンデーションを指します。

 

100%ミネラルのため、細かい粒子でできており、ブラシで粉を肌に乗せる感覚で使用します。天然のミネラルのみなので肌への刺激が少なく、またクレンジングの必要もないことから肌に優しいといわれています。

 

対してパウダーファンデーションは、粉を固めてありますね。肌色の成分は同じく鉱物から出来ているのですが、それを固める油分、油分を酸化させないための防腐剤やケミカルな成分が含まれて出来ています。

 

元は同じなのですが、それ以外の成分が入っているか入っていないかの違いです。

 

肌が弱い人は、こうした防腐剤などの成分が刺激になったり、クレンジング液が肌へダメージを与えることがあります。こうした点が、肌が敏感な人やニキビなどに悩む人にミネラルファンデーションがおすすめである理由です。

 

ファンデーションの主成分である無機質の鉱物は肌への害がありません。粉を乗せることで時間とともに肌の皮脂と適度に馴染み、なめらかで艶のある肌を生み出すことができます。
また、油分を使用していないので洗顔石鹸で簡単にメイクオフできるのも嬉しいですね。

 

このように肌の弱い人にはミネラルファンデーションはお勧めですが、乾燥のひどい敏感肌の人には油分のないミネラル100%の粉が向いていないのではないかと心配になるでしょう。

 

そうした肌質の人は、ベースのスキンケアで保湿を十分にしましょう。基本的に、ミネラルファンデーションはどんな肌質の人にも使えるようにできています。

 

また、敏感肌が気になる人は必ず試供品などで試してから購入することをお勧めします。
多くのブランドがトライアルセットなどを手頃な値段で提供しています。多くの商品がありますが、自分に合ったものを見つけることが大切ですね。